最新の記事

2019-12-07
deviation2019 ...


2019-12-06
deviation...


2019-11-23
IL PISTACCHIO ...


2019-11-23
deviation...


2019-11-15
IL PISTACCHIO ...



blog topに戻る

2019年12月の記事
2019年11月の記事
2019年10月の記事
2019年9月の記事
2019年8月の記事
2019年7月の記事
2019年6月の記事
2019年5月の記事
2019年4月の記事
2019年3月の記事
2019年2月の記事
2019年1月の記事
2018年12月の記事
2018年11月の記事
2018年10月の記事
2018年9月の記事
2018年8月の記事
2018年7月の記事
2018年6月の記事
2018年5月の記事
2018年4月の記事
2018年3月の記事
2018年2月の記事
2018年1月の記事
2017年12月の記事
2017年11月の記事
2017年10月の記事
2017年9月の記事
2017年8月の記事
2017年7月の記事
2017年6月の記事
2017年5月の記事
2017年4月の記事
2017年3月の記事
2017年2月の記事
2017年1月の記事
2016年12月の記事
2016年11月の記事
2016年10月の記事
2016年9月の記事
2016年8月の記事
2016年7月の記事
2016年6月の記事
2016年5月の記事
2016年4月の記事
2016年3月の記事
2016年2月の記事
2016年1月の記事
2015年12月の記事
2015年11月の記事
2015年10月の記事
2015年9月の記事
2015年8月の記事
2015年7月の記事
2015年6月の記事
2015年5月の記事
2015年4月の記事
2015年3月の記事
2015年2月の記事
2015年1月の記事

japs


 投稿者 Tamura
 2015-12-28






冬にサファリは中に厚手のニットを着ればすごせます

サファリが着こなし方がわからない方は勢いで購入してもらって大丈夫です



着てから考え 慣れるのがいいですよ






新型ドリズラーは最高級の強撚糸で織られ上質の質感です


通常このような形にするよりビスポークテーラーで仕立て上げられるような生地です



あえてドリズラーでセットアップで製作しています



知らない人がセットアップできている様を見たら工場長に見えるかもしれませんが ハイファッションです


私はあえてセットアップにフリルのピンクシャツでも合わせて赤のバタフライをつけて歩きたいと思っています



ドリズラーはもう数が少なめです お問い合わせください




もっともっとハイファッションを皆に理解できるように頑張っていきます



来年も計画はいっぱいあるのでお楽しみに








fendi pre fall


 投稿者 Tamura
 2015-12-24






今期の靴がとてもかわいいです


フェンディらしさがあるブルーとブラウンの組合せは秀逸です


マルニもファーのメーカーですがフェンディの方が政治が絡んでるのかというほどクチュールです





antonio marras


 投稿者 Tamura
 2015-12-17






ここの服は色々な色の組合せであっても自然です


以前はケンゾーのデザインもしていたマラスですがその時のケンゾーも素晴らしいです





max mara


 投稿者 Tamura
 2015-12-16






最近のモデルや歌手がよく着るようになってより注目のマックスマーラ


今期のAWでアメリカの女優を意識した着こなしが効いたのかかなり注目されています


日本での層は30代後半からのイメージがあったり 高すぎてアッパー世代のセレブしか買えない存在ですが


シルエットは様々なメーカー(ファストファッション)が真似をされやすいぐらい人気がでていますね


しかしながら 生地の上質感はハイブランドでこそ味わえる質感で 素晴らしいですね






akris pre fall


 投稿者 Tamura
 2015-12-13






パリメゾンのakrisはいつも飛びぬけたLOOkはありませんが エレガントです


パンツのシルエットもどんな人にでも合わせられそうな仕上がりがいいですね


革パンでフレアいいですね





after


 投稿者 Tamura
 2015-12-04






そしていつも最後にアフターパーティーを行うのが 私の一番好きな時間です


様々な業種の方と交流が楽しいです



今回はDEMIの社員たちもかけつけてくれました


高間氏 湯尻氏 にはいつも感謝です