最新の記事

2020-07-09
field...


2020-07-03
lemaire...


2020-06-18
field...


2020-06-11
IL PISTACCHIO ...


2020-05-20
wild strawberr...



blog topに戻る

2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月

Louis Vuitton


 投稿者 Tamura
 2016-01-28






キムジョーンズ率いるヴィトンはあまり私は好みではなかったのですが今回のLOOKはいつもと違い好みでした


ジェスキエール と キムジョーンズである意味まとまってきているようにも思えます


ガストン ヴィトンという昔のオーナーが収集してきたアフリカ民族のレリーフからインスパイアされたガストンシリーズのバックは興味深いです








gucci


 投稿者 Tamura
 2016-01-26






1年前のアレッサンドロのメンズコレクションはとても鮮烈で格好良かったんですが前回のレディースコレクションから変化が見られるように思われました


去年のレディースリゾートのチロリアンや1年前のAWはよかったのですがSSから少し変わってきました


狙いかもしれませんが 不可思議です


去年のAWが鮮烈すぎて迷っているように思える最近


アンダーソン監督のタッチが忘れきれない感じがします


しかしながら私たちが遅れすぎているのかもしれませんね


ニコラジェスキエール率いるヴィトンは未来へいってしまって 一般人には理解ができない領域でしたし


革新的に攻めるということはこういうことなのかもしれません










Dries Van Noten


 投稿者 Tamura
 2016-01-23






去年の e tauzのタック入りのワイドを彷彿させるドリスのワイドがやはり最近私の気になるシルエットです


ドリスもここ数年いろいろと模索されているようにも思いますが


色合いはさすがでアントウェルペンの街並みのどことなく沈んでいる色合いを表現されています


フラグシップ店はアントウェルペンにあります 素晴らしいです





Damir Doma


 投稿者 Tamura
 2016-01-22






アントウェルペン出身ドマも今回はさらにワイド化が進んでいます


しかしながらドマのスピリットはそこにちゃんと存在しています


生地感 アレンジすべてがドマの世界観で表現されていて素晴らしかったです





etro2016fall


 投稿者 Tamura
 2016-01-19






今回のエトロはいつもの感じではなくエトロぽさを最小限にしながらの表現が素晴らしかったと思います


他のイタリアブランド達を追い抜かせるほどの戦力があったコレクションになったように思えます


何が違うかはこれまでのエトロをみればわかります


素晴らしかったです





Burberry


 投稿者 Tamura
 2016-01-17






二個だけのトグルでも大きければかわいいですね



生地感が重厚なコートたちは人口素材に負けない強さを感じます


全身グリーンで決めるのも格好いいです