最新の記事

2019-12-07
deviation2019 ...


2019-12-06
deviation...


2019-11-23
IL PISTACCHIO ...


2019-11-23
deviation...


2019-11-15
IL PISTACCHIO ...



blog topに戻る

2019年12月の記事
2019年11月の記事
2019年10月の記事
2019年9月の記事
2019年8月の記事
2019年7月の記事
2019年6月の記事
2019年5月の記事
2019年4月の記事
2019年3月の記事
2019年2月の記事
2019年1月の記事
2018年12月の記事
2018年11月の記事
2018年10月の記事
2018年9月の記事
2018年8月の記事
2018年7月の記事
2018年6月の記事
2018年5月の記事
2018年4月の記事
2018年3月の記事
2018年2月の記事
2018年1月の記事
2017年12月の記事
2017年11月の記事
2017年10月の記事
2017年9月の記事
2017年8月の記事
2017年7月の記事
2017年6月の記事
2017年5月の記事
2017年4月の記事
2017年3月の記事
2017年2月の記事
2017年1月の記事
2016年12月の記事
2016年11月の記事
2016年10月の記事
2016年9月の記事
2016年8月の記事
2016年7月の記事
2016年6月の記事
2016年5月の記事
2016年4月の記事
2016年3月の記事
2016年2月の記事
2016年1月の記事
2015年12月の記事
2015年11月の記事
2015年10月の記事
2015年9月の記事
2015年8月の記事
2015年7月の記事
2015年6月の記事
2015年5月の記事
2015年4月の記事
2015年3月の記事
2015年2月の記事
2015年1月の記事

" jap's sports "


 投稿者 Tamura
 2016-07-30





            " jap's sports "



















微弱な動きではありますが スポーツラインの製作を検討中です 











伸縮性があり 尚且つポリエステル素材のジャージー素材ではなく エレガントな素材で











レストランでの食事にもテーラードではないですがそのまま入れて そのまま走って帰れる あるいはそのままスポーティーな自転車に乗って







エレガントな洋服屋に行く際ののマナーが保ててるシルエットで









自転車に乗る際や 走る際に 必要不可欠なのは裾が絞れること











ドローコードではスポーティーすぎて良くないです   エレガントなスラックスでありながら 裾が絞れる 











絞れる部分が目立たなくて エレガント











休日のリラックスしたい時間にそのまま過ごしながらドライビングシューズを履いて車で 買い物へ











wool系の伸縮性のあるハイファブリックで











あえてスポーツラインの証のラインも入れて いつものjapsとは違う位置づけのラインを制作したいと思っています











伸びるからと言って甘えて 自身のウェイトが増えて格好悪い洋服にはしたくありません











だからこそ 走れる 動ける スポーツラインを計画中です 











ご期待ください

















Ermenegildo Zegna


 投稿者 Tamura
 2016-07-29





ゼニアはいつも安定しています その中でも私の好きなLOOKをピックアップしました


最近はタック入りのワイドが気になっています


色合わせ 上着 とパンツのコーディネートはjapsではこの感じが基本スタイルですね





Viktor & Rolf couture


 投稿者 Tamura
 2016-07-23






オランダに拠点を持つViktor & Rolf彼らは一貫して一貫性が無いように表現できることが一番素晴らしいことだと思います


毎回 試みが違っていて引出しが無限大のように思えます


彼らは南仏のイエールで行われているコンテストがデビューだそうです

出資はシャネル LVMH ベンツなどです


イエールのコンテストでは日本人デザイナーの松重氏も受賞されています


ファッションの底上げを常に町ぐるみでされているイエールに一度行ってみたいです






lanvin


 投稿者 Tamura
 2016-07-18






ランバンは去年レディースのデザイナー アルベール エルバス氏 が退任されて話題になっていました


その話はレディースで メンズ のコレクションは安定しています


ルカ オッセンドライバー氏がデザイナーです


シルエットは男性の洋服ですが少し女性らしさもあり エレガントです 毎度のlook素晴らしいです


エルバスとルカ はフランスで以前 勲章を授与されるぐらいの存在です


lookは安定した ランバンっぽさがいつもあっていいのですが 今回のスタイルは少し何か違うように思えました


シルエットうんぬんではなく色の調合と生地感がいつもと違うように見えました


素晴らしい色合いです






VETEMENTS


 投稿者 Tamura
 2016-07-16






グァザリア率いるヴェトモン 賛否両論ありますが 世界中で今一番注目されているに違いない存在になったことは確かです


メンコレに8割女性モデルはあり得ません


私はピックアップしませんがロゴをプリントしたジャージ Tシャツがあったり スケーターファッションを模倣したLOOKがあったり その点でマルジェラスピリットが薄れていると批評される方もいますが


雑誌などでそのように取りざたされることが あえて 彼らの狙いだと思います


彼らが昔着ていたジャンルの可能性もありますし 波及(生産性が上がり 利益が出やすい)させるために あえて 一般用も制作している可能性があります


プリントTシャツでO万円したら 様々な構築を重ねたジャケットを作るより 利益がいいに違いないです





アントウェルペン出身のスピリットで解体と再構築されたように思える洋服たちはやはりアントウェルペンです


私は最近のグッチが席捲している様よりこちらの方が様々な所に波及する様子がイメージできます











yuji


 投稿者 Tamura
 2016-07-14






ショーの後の写真です いつもお世話になっている湯尻氏です 


バルカラーのコートをまとい テーマ マルシェ を体感していただきました


お似合いです



またAWもよろしくお願いします






Armani Privé


 投稿者 Tamura
 2016-07-12






私はヴェルサーチよりアルマーニの方が好みです



このlookには載せていませんが グレーの中にも緑っぽいグレー ベージュっぽいグレー 様々なグレーを操ります



80歳を超えてもまだまだスピリットは振りきれています









Atelier Versace


 投稿者 Tamura
 2016-07-10






今回のクチュールの第一弾はイタリアの Versaceです


デザイン シルエットはいつも通りに思えますがモデルの選び方がさすがでした


手作業での装飾やファブリックからの最高級さが明らかにクチュールは違います





bamboo


 投稿者 Tamura
 2016-07-06






今回のテントの骨組みに竹を使用しました


材木を購入して組み上げてもいいのですがお金ももったいないのと 芸がないので 近くのものですべてを仕上げました


天吊りにするにも竹は軽くて最適です











Accessories


 投稿者 Tamura
 2016-07-01






今回はフロロカーボンのラインをやめてケブラー糸でアクセを製作しました


ケブラーは私が小学生の時に販売名 ケプラ という名称で釣りで父が使用している記憶がありました 今までの糸とは全くの別物だと教えてもらいました 当時のそのラインの編み方では 括る時に接着剤が必要でしたが


現在のケブラーは糸の編み方が変わってそのままくくるだけで使用できます


鉄よりも強いのがケブラーです


ということはアクセによくあるチェーンよりも格段に破損や切れることはありません


どういう素材でできているかといいますと


ポリアリレート アラミド繊維といった化学繊維からなります いわゆる スーパー繊維です


どちらも大きく考えると派生のスーパー繊維なのですが  ここでファッションとの関係性でいえばそこから生地が織られ洋服にもなっている繊維です


作業用で言うと耐火の生地でもあるので消防服になったり


警官の防弾チョッキになったりで万能な繊維です


私はこの生地でいつか焚き火用のジャケットがほしいです