最新の記事

2022-06-08
maison johanna...


2022-05-27
field...


2022-05-10
hydrangea...


2022-04-20
from paris...


2022-02-10
Tchaikovsky Br...



blog topに戻る

2022年6月
2022年5月
2022年4月
2022年3月
2022年2月
2022年1月
2021年12月
2021年11月
2021年10月
2021年9月
2021年8月
2021年7月
2021年6月
2021年5月
2021年4月
2021年3月
2021年2月
2021年1月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年9月
2020年8月
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月

check


 投稿者 Tamura
 2017-10-24






パイルのプルオーバーは脱着式のハイネックも製作しました


素材はwool 100%です


ネック部分は台形型に作り広めの襟ぐりをカバーできるように

プルオーバーの着丈はかなり短く製作 右サイドはスリット入れています


今回初の試みであるスカート製作 こちらも骨董的なwool100%素材でコート地です 充分な厚みの生地をバイヤス取りで製作

ウエストのサイドにはファスナー製作


ベルトも共地で製作しました








new


 投稿者 Tamura
 2017-10-13






ウールジャージー素材のセットアップです

この生地も30年以上前の代物です


ベストは今回が初めて製作をしてみました


ボタンは綺麗な淡水貝を使用


上まで詰めないように 程よいカーブをフリーハンドで製作


後ろのえりまわりも だいぶ下げて着易くしました



パンツは見えませんが 完全に新しくチャック無しのタスキがけのようにボタンで留めれるようにしました







new


 投稿者 Tamura
 2017-10-09






透けるほどに薄手のトップスは腕周りをドロップスリーブにして円周もひろげて腕の太さもワイドに そしてフレアにしました 裾の仕上げはスリットです

デッドストックのコットン100%のジャガードチェック織りの生地です



パンツはシルクジャガードの生地を使用 型はセーラー型に


折り込んだ部分や重ね合わせた部分がミシンでは入らないぐらいの詰まった生地だったので ボタンホールができなかったので スナップボタンにしました

しかしながら 穴を開ける為にポンチで穴を開けるのですがいくら叩いても開かないぐらい強固だったので

小包丁で十字にあけたりで難解でした


パンツの前身頃はセンターにアクセントの折込があるので綺麗です







10.2 artisanal collection


 投稿者 Tamura
 2017-10-05






10.2 artisanal


先日はご来場いただきありがとうございました


磐石な姿勢で今期もよりいっそう勉強できたショーになりました


デザイン 製作をやってみて色々と解ったことや もっともっとできる方向性を探せる ショーでした