最新の記事

2019-12-07
deviation2019 ...


2019-12-06
deviation...


2019-11-23
IL PISTACCHIO ...


2019-11-23
deviation...


2019-11-15
IL PISTACCHIO ...



blog topに戻る

2019年12月の記事
2019年11月の記事
2019年10月の記事
2019年9月の記事
2019年8月の記事
2019年7月の記事
2019年6月の記事
2019年5月の記事
2019年4月の記事
2019年3月の記事
2019年2月の記事
2019年1月の記事
2018年12月の記事
2018年11月の記事
2018年10月の記事
2018年9月の記事
2018年8月の記事
2018年7月の記事
2018年6月の記事
2018年5月の記事
2018年4月の記事
2018年3月の記事
2018年2月の記事
2018年1月の記事
2017年12月の記事
2017年11月の記事
2017年10月の記事
2017年9月の記事
2017年8月の記事
2017年7月の記事
2017年6月の記事
2017年5月の記事
2017年4月の記事
2017年3月の記事
2017年2月の記事
2017年1月の記事
2016年12月の記事
2016年11月の記事
2016年10月の記事
2016年9月の記事
2016年8月の記事
2016年7月の記事
2016年6月の記事
2016年5月の記事
2016年4月の記事
2016年3月の記事
2016年2月の記事
2016年1月の記事
2015年12月の記事
2015年11月の記事
2015年10月の記事
2015年9月の記事
2015年8月の記事
2015年7月の記事
2015年6月の記事
2015年5月の記事
2015年4月の記事
2015年3月の記事
2015年2月の記事
2015年1月の記事

mulberry


 投稿者 Tamura
 2017-02-24






マルベリーも刷新され 雰囲気がかわりました


去年 革新的にやってきたジョニーコカ氏


低迷のマルベリーの救世主です


カバンから改革をしてついに仕上がってきています


エレガントっぽいスタイルがマルベリーらしかったですがデザイナーでここまで変わるというのが ファッションは 面白いですね


UPしているスタイルとは違いますが カチッとしたジャケットが出没していました


ここにまでもアントウェルペンの隙間風がながれていました








Louis Vuitton


 投稿者 Tamura
 2017-02-18





今回のヴィトンは変化しました


もともとキムは黒っぽい ストリート や ロックがすきなテイストのように私は思っていたのですが 今回は わたし好みです


グァザリアに対抗というか 今の流れのストリートを組み込みながら 上品なエレガントな仕上がりが 最高です


アントワープを意識したフレンチ 最高です 





made


 投稿者 Tamura
 2017-02-15





グリーンとマスタードのダブルフェイスの生地でサンプルを作ってみました


裾は長さが足らなかったので繋いでそのまま好きなカットオフにして 最大の試みは片側だけスリットをいれました


着るときに着やすいです ファスナーを付けようと思っていたのですがそのままが気に入ったので そのままにします


次回のARTISANAL COLLECTIONに向けて準備です






add


 投稿者 Tamura
 2017-02-08






毛皮をカッティングしたペイズリーコートを譲り受けました


シェアードミンクというそうです


ペイズリーにプリントされた毛皮なんて本当にお目にかかれるものではありません


しかしながら一般的には世の中で着れる服ではないようでしたが 私には貴重な着れるクチュールにしか見えません


大事に着たおしたいと思います






Jean Paul Gaultier


 投稿者 Tamura
 2017-02-02





たしかゴルチエは2年ほど前にプレタポルテへの出展はやめたようでしたが クチュールは健在です


ゴルチエの今までの影響は凄まじいものでした



まだまだ頑張っていただきたいです





Damir Doma


 投稿者 Tamura
 2017-02-02






ドマは安定して自分のフォームを崩さないのが素晴らしいですね


自分のフォームにスポンサーが応援してくれている 期待してくれている これからに注目です


日本では注目されない方が当面はいいでしょうね


日本に来ると大概 魂が薄れがちです

 
ルメールのように 常に 機能性 シンプルなエレガントを日本に来ても変わらないのは 彼がとらわれない姿勢が素晴らしいですね