最新の記事

2019-12-07
deviation2019 ...


2019-12-06
deviation...


2019-11-23
IL PISTACCHIO ...


2019-11-23
deviation...


2019-11-15
IL PISTACCHIO ...



blog topに戻る

2019年12月の記事
2019年11月の記事
2019年10月の記事
2019年9月の記事
2019年8月の記事
2019年7月の記事
2019年6月の記事
2019年5月の記事
2019年4月の記事
2019年3月の記事
2019年2月の記事
2019年1月の記事
2018年12月の記事
2018年11月の記事
2018年10月の記事
2018年9月の記事
2018年8月の記事
2018年7月の記事
2018年6月の記事
2018年5月の記事
2018年4月の記事
2018年3月の記事
2018年2月の記事
2018年1月の記事
2017年12月の記事
2017年11月の記事
2017年10月の記事
2017年9月の記事
2017年8月の記事
2017年7月の記事
2017年6月の記事
2017年5月の記事
2017年4月の記事
2017年3月の記事
2017年2月の記事
2017年1月の記事
2016年12月の記事
2016年11月の記事
2016年10月の記事
2016年9月の記事
2016年8月の記事
2016年7月の記事
2016年6月の記事
2016年5月の記事
2016年4月の記事
2016年3月の記事
2016年2月の記事
2016年1月の記事
2015年12月の記事
2015年11月の記事
2015年10月の記事
2015年9月の記事
2015年8月の記事
2015年7月の記事
2015年6月の記事
2015年5月の記事
2015年4月の記事
2015年3月の記事
2015年2月の記事
2015年1月の記事

balenciaga


 投稿者 Tamura
 2017-03-31





怪しいモデルを装わせて 今の流れの雰囲気十分の グァザリア


アレキサンダー ワンからの シフトアップに尚一層 時代を築いています


自身のヴェトモンのブランドより 歴史的ブランドのデザイナーとしてのグァザリアは 空気を読みながらの三本ずれたファッション感覚に 世界は揺れ動こうとしていますね





Dries Van Noten


 投稿者 Tamura
 2017-03-26






ドリスはここには載せていませんが ヴェトモン風よりはグッチ風を選んだようです

同郷のアントウェルペンの胴元はもちろんドリスの方が先輩というかレジェンドですから 

グッチ風になびく方が 気も休まることでしょうか


しかしながら ドリスは怪しい雰囲気の中に ちゃんとエレガントの真髄を感じさせる デザイン力に 感動しました

綺麗です





lemaire


 投稿者 Tamura
 2017-03-11







サイズ感に注目です



これがジャストサイズだと思います



綺麗でシンプルなシルエット



完全無欠で 不変的な ルメールです



素晴らしいです





complete


 投稿者 Tamura
 2017-03-09







サムサヲ シノグ ホウホウ


combattre le froid




artisanal bookが完成しました




極限に見える色彩の調整はhouei printingの池田氏の解釈での表現に圧巻です


もっともっとこの本を見てもらいたいです


まだまだ頑張ります





arrival


 投稿者 Tamura
 2017-03-03





ミラノで知り合った方に紹介してもらって オーダーしてみました


製造はインドです イギリス統治の面影かイギリスのシューズメーカーの下請けとオリジナルを制作しているみたいです



黒 茶色はありきたりなので 色はあえて異色なネイビー オリーブ ホワイトです


インドといえばロイアルエンフィールド や べスパなど欧州の製造を手掛けた痕跡や今も製造している経緯もあったので


紹介もあって頼んでみました



作りはまあまあですが仕事にはもってこいです